プロ野球 歴代 守備の名選手 走塁の名選手 バント職人
プロ野球 歴代 守備の名選手 走塁の名選手 バント職人

プロ野球を盛り上げ活躍してきた名選手達を紹介します。

野球の名選手、守備の達人小坂誠選手を紹介

小坂誠

1996年、ドラフト5位指名でプロ野球千葉ロッテマリーンズに入団した小坂誠は、身長170cmに満たない小柄な体型ながら、その一流の守備と走塁でファンを大いに沸かせた名選手です。

1年目の開幕戦からショートのレギュラーを獲得し、2ヶ月連続で月間MVPを獲得するなど大活躍。「平成の牛若丸」「小坂ゾーン」と呼ばれたほどの鉄壁の守りと、新人選手としては当時最多の56盗塁を記録する俊足を武器に大暴れをし、文句なしの新人王を獲得しました。

以降も、入団から5年連続で30盗塁以上を記録(うち2回の盗塁王獲得)、リーグ最多3塁打も6年で4度獲得するなどロッテの主力として活躍するのです。

2006年に巨人、2009年に楽天に移籍した時には、本職のショートのみならずセカンド、サードの守備でも抜群の技術を見せつけ、スーパーサブとして終盤の堅い守りに貢献しました。

以上見てきたように、小坂誠はプロ野球界で、守備や走塁において卓越した技術を見せつけた選手だったのです。

プロ野球界の名選手 守備の達人菊池涼介

野球

プロ野球選手の野手においては、打って走って守れる、ハイレベルなユーティリティプレーヤーが理想です。2014年の菊池涼介はまさにそういう名選手でした。

3割を超える打率、塁間のスピード、そして何と言っても特筆すべきはその守備です。年間の捕殺数記録を更新するそのディフェンス力はまさに圧巻で守備範囲の広さは尋常ではありません。日米野球でも注目されたグラブトスの華麗さは、メジャー関係者をして究極とまで言わしめました。

玄人のプロ野球ファンからも、彼のディフェンスを見るだけでもチケット代を払う値打ちがあると評価されています。守りに対する評価は地味な分どうしても攻撃力に比べて見劣りすることが多いですが、菊池涼介はその概念すら覆せる選手です。

試合を通してたとえ打つ方がノーヒットでも、相手のヒットを2本防げばその試合ではヒット2本分の価値があると言えます。

そんな野球の深淵に気づかせてくれるプレーヤーはなかなかいません。 今シーズンは打撃面での貢献も期待したいところですが、まずは守備で我々ファンを楽しませて欲しいものです。

引退後もコーチになれる可能性が高い

守備は野球の基本です。特にセリーグではDH制がないので、全選手に守備機会があります。 現役時代に守備の名手だった選手は、守備コーチや走塁コーチに就任できる可能性が、バッティングだけだった選手よりも高くなります。

多くのプロ野球選手は、引退後の就職先に困ります。野球に関係した職業を望みますが、監督やコーチ、解説者のポストは多くありません。 現役時代の年俸は強打者やエース投手よりも劣りますが、守備の名手などのほうが将来的には安定するでしょう。